中古トラックの売買に必要な書類

中古トラックの売買に必要な書類

中古トラックを売る場合に必要となる書類は、車検証や自賠責証明書、納税証明書になります。
また、印鑑証明書や譲渡証明書、委任状なども必要となります。

 

さらに、リサイクル料を支払い済みの車輌の場合はリサイクル券が必要です。
また、車検証上での所有者欄記載住所と現住所が異なる場合は、商業登記簿謄本か住民票も必要な場合があります。
登録識別情報等通知書は、ナンバーがついていないか一時抹消されている場合には必要です。

 

中古トラックを売る可能性が高い場合は、買取会社に事前に必要書類を確認しましょう。
また買取会社によっては、契約が成立してからの書類手続きを無料で代行してくれます。
例えば、名義変更手続きや一時抹消、名義変更後の車検証のコピー、買取証明書の発行などです。

 

中古トラックを購入する際には、委任状と印鑑登録証明書、車庫証明が必要です。
委任状には、印鑑登録証明書の住所を記入して、印鑑登録をおこなっている実印で捺印します。
所有者と使用者が違う場合には、用意する書類が違ってきます。

 

所有者は委任状と印鑑登録証明書を準備し、委任状には印鑑登録証明書の住所記入と実印の捺印をおこないます。
使用者は車庫証明と住民票、委任状を準備し、委任状の捺印は認印、住所は住民票の住所を記入しましょう。
委任状は、国土交通省のサイトなどからダウンロードして記入しましょう。記入をミスした場合は、書き直しましょう。

 

中古車を購入する際には、各社のサービスを比較する事も大事です。
その際には、インターネットの中古トラックの比較サイトなどを利用しましょう。

 

こちらも参考になります→http://www.kaitoriou.net/


このページの先頭へ戻る