世界で注目されるに日本料理技術

世界で注目されるに日本料理技術

いま日本料理の調理技術に世界のシェフたちの注目が集まっています。
世界中の様々な国の料理も素晴らしい物がありますが、どこの国の料理でも使用するソース類の違いはありますが調理法には大きな違いが有りません。
基本的に肉類や野菜類を中心にしたソースがベースになっているか、チーズや乳製品、ワインなどで作られたソースを焼いたり煮たりした魚貝類に掛けて食べる料理になります。

 

赤坂にある魅力的な個室を備えたお店

 

日本料理の特色は季節の新鮮な魚貝類や野菜、肉類などの素材の転園の味を出来るだけ活かして食べるための調理技術になります。
日本料理にはソース類という概念は殆ど無くて、天然素材の味をそのまま活かして食べることに全ての調理技術を傾注します。
素材の持つ天然の味を引き出すために塩加減と、コブや鰹節の風味で煮物や吸物椀の味をつけるだけで素材の味を相殺してしまうようなソース類は使いません。

 

 

 

また、中国料理やイタリアンのようにオリーブオイルや植物油などの油をふんだんに使っての炒め料理は伝統的な日本料理には有りません。
日本料理で油を多く使う料理には天麩羅がありますが、この料理は遠い昔にポルトガルか日本に来た宣教師によってもたらされた料理ですので純粋な意味では日本料理ではないのです。
世界の料理の中で海からとれた昆布や鰹節という出汁を使う料理は他に例が有りませんのでヨーロッパのフレンチのシェフたちの間でもシークレットの味付けということで研究されています。

 

 

 

日本料理で特に際立ってすごい技術は何と言っても包丁技術が上げられます。
切れ味の良い和包丁を見事に使用して鮮魚をきれいな刺し身にする技術などは席に誇れる日本料理の優れた技術と言えます。