中古トラックの査定基準について

中古トラックの査定基準について

中古トラックを愛用されている方は、ご自身の愛車の査定基準が気になる方も多いですよね。
またトラックを新車で購入する場合は、2トンクラスで約400万円前後、4トンクラスで600万円前後、10トンをこえる大型トラックでは1000万円程度まで
高額になります。通常、簡単に買う事はできない価格帯です。その為、利用者には購入しやすい中古トラックの人気も高いです。

 

中古トラックの査定基準は、普通車の中古車と同じで走行距離が短いと査定額が高くなります。
また、当然ですが新しくてきれいな中古トラックは高査定につながりやすいです。
しかし、中古トラックで重要視されるのはそれだけではありません。それは、ワンオーナーが使用や無事故、無修理などです。

 

トラックは高額な為、中古車のまた中古車を購入する場合も良くあります。つまり、ワンオーナー使用の中古トラックはめずらしいのです。
ワンオーナー使用車は、メンテナンスや事故情報も正確に知る事ができるので重宝されています。
またトラックは乗用車よりも長い間運転する場合が多いので、無事故で無修理というのはめずらしく価値がある中古車となります。

 

さらに、年式の新旧や保証書の有無も査定に関係します。
高年式は、低年式よりも機能面や燃費、故障のしにくさに優れているとされており査定額も高くなります。

 

大型トラックの場合は、5年間か10万キロ走行までメーカー保証がついている場合が多いので査定額も高いです。
期間内の中古トラックであれば、メーカーが無償で修理してくれますので保証書などはなくさない様にしっかりと管理しましょう。
また、売る時の事を考えてメンテナンス記録などもしっかりと残しておきましょう。

 

 


このページの先頭へ戻る