中古トラックをリースしよう

中古トラックをリースしよう

急な引っ越しや仕事での使用などで中古トラックが必要になったら、レンタルやリースを検討しましょう。
その場合は、短期間のレンタカー店でのレンタルやリース専門店での長期的なリースなどがあります。
そこでまず確認したいのが、普通免許でどのクラスの中古トラックを運転できのるかです。

 

一般的な自動車免許である第1種普通免許を取得していれば、総重量5トン未満かつ最大積載量3トン未満の車を運転できます。
つまり、2トン中古トラックは普通自動車免許で運転できます。一般的に積載量が2トン以下のトラックを小型トラックと言います。

 

形状は、荷台だけの平ボディやアルミ箱型荷台が積載されているバンボディ、冷凍・冷蔵機能がついた荷台が積載された冷凍冷蔵車などがあります。
通常借りられる事が多いのは、荷台だけの平ボディの2トン中古トラックだと思います。

 

また利用の際には、荷物の積載量について道路交通法によって厳しく制限されていますので注意しましょう。
基準よりも重い荷物を積み込んでいた場合は、過積載となり罰せられてしまいます。

 

レンタルもリースもトラックを借りることに変わりはありませんが、その形式に違いがありますので注意しましょう。
トラックを借りている期間中に破損事故を起こしてしまった場合は、レンタルの場合はレンタル会社が負担する事になります。

 

しかし、リースの場合は借りた方が自己負担をしなければなりません。また契約期間は、レンタルよりもリースの方が長期間借りれます。
さらに、解約の際にはレンタルの場合は比較的容易に解約可能です。しかし、リース契約期間中の途中解約は違約金が発生する場合もありますので注意しましょう。

 

 


このページの先頭へ戻る