中古トラックの売買についてのポイント

中古トラックの売買についてのポイント

中古トラックを利用されている方は、乗換や買換えで中古トラックを売買される機会もあると思います。
中古トラックをできるだけ高く売る為には、査定に出す前に外装や内装を可能なかぎり清掃しましょう。

 

経年劣化で生じた汚れや傷みは仕方のない事ですから、査定でも大きなマイナス要因にはなりません。
しかし、汚れがついたままでの査定は印象が悪いだけでなく、メンテナンスの仕方なども適当ではないのかと疑われてしまいます。

 

その為、社内の清掃と洗車は必ず丁寧におこないましょう。
また改造などをされてパーツを社外品に交換している場合は、ご自身で純正品パーツに交換可能な場合は交換して元の状態に戻しておきます。

 

また、交換が難しい場合は保管している純正品パーツを中古トラック本体と一緒に査定してもらいましょう。
スタッドレスタイヤをつけている場合も、ノーマルタイヤに戻しておきます。
スタッドレスタイヤの状態が良い場合は、査定対象となる場合もあるので準備しておきましょう。

 

希望の中古トラックをできるだけ安く買いたい場合は、複数社から見積をもらう事です。
どのような場合でも決して即決せず、複数社で見積をおこない業者間で競り合ってもらうように交渉していきましょう。

 

同じ中古トラックでも、見積額に数十万の開きがでる事はよくある事です。
また車体価格だけではなく各種手続き費用や税金代もかなりかかりますので、各種費用をどれだけサービスでやってくれるのかも比較します。

 

車庫証明などは、ご自身で取られると3千円までに費用をおさえる事ができますのでご自身でやりましょう。
各社サービス内容やアフターフォローには違いがありますので、それもふまえた見積で購入業者を選ぶ必要があります。

 

 


このページの先頭へ戻る