寝ることもできる中古トラック

寝ることもできる中古トラック

中古車トラックで車中泊になった場合は、できるだけ快適に寝られるように工夫しましょう。
まずは、窓を少し開けて、空気を入れ替えながら寝ましょう。また窓を開けすぎると防犯上良いとは言えないので、少しだけ開けましょう。

 

 

 

冷暖房をかけたまま眠りたい方は多いですが、できるだけエンジンを切ってオーバーヒートを予防します。
また夜でも外は意外に明るくうるさいので、カーテンやアイマスク、耳栓などしましょう。

 

ベッドの無いトラックで車内泊をする際には、熟睡しやすい助手席に頭をおき、運転席に足を乗せて横になって寝ましょう。
その際には、車内泊用のマットを使用しましょう。車内泊用のマットは、厚手なのでシートやサイドブレーキなどの衝撃を和らげてくれます。
また、空気を入れて膨らませるタイプなので、使わない時は空気を抜いてしまっておけます。

 

寒い冬などは、寝袋を準備しましょう。枕がいる方は、空気を入れて膨らませるクッションタイプの枕が便利です。
扇風機や電気毛布などが使用できる、シガーソケットに差し込むだけで手軽に使用できるDC/ACインバーターもおすすめです。

 

これは、直流電流を交流電流に変換するので、トラックの電気を利用して通常のコンセントの電化製品が使用できます。
また全国には、トラック運転者が車中泊でき憩いの場となるトラックステーションがあります。

 

車中泊の際には、全国のトラック休憩所を利用しましょう。施設には、食堂やシャワー、トイレ、仮眠室などがあります。
中古車を購入する際には、各社のサービスを比較する事も大事です。その際には、インターネットの中古トラックの比較サイトなどを利用しましょう。


このページの先頭へ戻る